経営していく上で絶対にできなくてはいけないロジカルシンキング[mup week9編]

アウトプット

経営していく上で必ず必要になってくる論理的思考。ロジカルシンキングとも呼ばれています。

掛け算の法則で、資料やアイデアが100点満点だとしても論理的思考がなければ100点×0点で結果0点になります。
この思考方法は経営をしていく上で必須になりますので、これを説明していきます。

フェルミ推定

まず最初にワークショップを行います。

Q.下記のラーメン屋の売上と利益はいくらでしょうか?

・ラーメン屋
・浜松町駅近く
・13席
・ラーメンの単価650円
・3人の従業員





正解発表です。

A.答えは正解はない。です。

実はこれは正解はありません。
なぜなら、ここのお店の売上は実際に幾らかはわからないので正解はありません。

しかし、その売上や利益を算出する考え方、どのようなロジックで答えに行き着いたかが、とても重要になってきます。
ロジカルシンキングは要素分解をしていくことが大切になります。
まずはその要素を書き出します。

この様な表を作成します。

売り上げが上がる要素は下記のものです。

・平日 ランチ
・平日 ディナー
・土日 ランチ
・土日 ディナー
この4つに分けられます。

そしてここから回転数、営業日数、原価、コストの要素を考えます。
このフレームワークができれば、後は数字を入れていくだけになります。
数学の方程式がわかれば、数字が変わっても計算できることと同じです。

するとこの様な売上と利益になります。

コペルニクスの地動説思考がビジネスでは必要

地動説とは、地球が太陽の周りを自転しながら公転しているという説です。
逆に天動説は、地球の周りを他の惑星が回っているという説でした。

元々考えられていた天動説では、地球の周りを他の惑星が回っていると地球が勘違いをして、実際は太陽の周りを地球が回っていたということです。

これをビジネスで例えるなら、自分を中心に物事が回っていると勘違いや思い込みをしてしまったり、自分の見えるだけが正しいと思ってしまったりしてしまいます。
しっかりとしたデータに基づいて判断することが大事です。

ワクワクする程1日待て

色々なビジネスを考えていると、これはうまくいきそうだと思ったり、あれは成功しそうだと思うことがあります。
するとワクワクして今にもやり出しそうになると思いますが、そこは1日待って冷静に考えてみてください。
人間は一時的な感情がヒートアップして判断を誤ることがよくあります。

例えば、とても可愛いと思っていた子がよく見たらそんなに可愛くなかった。など一時的な感情で誤った判断をすることが多いと思います。
そのために自分の事業の思い込みは一度全て捨て、疑うことをしてください。

疑うことというのは何も疑心暗鬼になるという意味ではなく、顧客の視点を論理的視点から追求して証明することを言います。

ドラマチック効果

現代の世界では、テロが起きたり自然災害が起きたりして世界各地で人が亡くなったりしています。

ここで問題ですが、世界中にいる子供達の中で何割の子が予防接種を受けれていないと思いますか?

答えは20%の子供達が受けれていません。

ほとんどの人は80%が受けれていないのではないかと思ってしまいます。
これはなぜかというと、人間は世の中のことをドラマチックに見る傾向があります。

例えばテレビで事件があったり、飢餓が進んでいるなど報道されると、それが全てかの様に思ってしまいます。
しかし実際とは大きくかけ離れていることが多いのです。

この思い込みを捨てて、人の考えと自分考えをマッチングさせて、論理的証明をすることが大切なのです。

消さなきゃいけない2つの本能

論理的証明をするためには消さなくてはいけない2つの本能があります。
それは、分断思考とネガティブ思考です。

分断思考

分断思考は、二つに分ける思考です。
例えば

  • 勝ち組 負け組
  • 金持ち 貧乏
  • 先進国 途上国
  • 幸せ 不幸

この様に人間は物事を二つに分けがちです。
しかし、金持ちと貧乏の間には中間層が数多くいます。
幸せか不幸かや勝ち組負け組なんていうのは価値観の違いです。

大切なのはこの2つの間にグラデーションが存在していることです。
白か黒かではなく、その間の中間の色合いが存在しています。

飲食店で例えて説明します。

飲食店を出店するときに、交通量が多いか交通量が少ないかで分けられがちです。

そして、交通量が多い場合はメリットを考え、交通量が少ない場合はデメリットばかりを考えます。
しかし、交通量が多い場合のデメリットや交通量が少ない場合のメリットも存在しているので、そこも考えなければいけません。

例えば、交通量が多い場合のデメリットとしては、家賃が高いこと、顧客が沢山くるためにスタッフを沢山用意する必要があります。
その結果人件費などの費用が高くなってしまいます。

逆に交通量が少ないことのメリットは、家賃が安いこと、顧客が多く来ないのでスタッフが少数でいいこと。
デリバリーなどのサービスを行えば交通量が少ないデメリットをメリットに変えることもできます。

この様に固定コストなどが高く、倒産してしまう飲食店も数多くあります。

だからこそ、売上を上げることだけに注目せずに、売上から利益をいかに残すかを考えなくてはいけません。

ネガティヴ思考

過去に「保育園落ちた死ね」というツイートがバズりました。
これは同じママたちが共感して一時期話題になりました。

しかし、「保育園受かった」というツイートはバズることがありません。
これはネガティヴなことに人間は反応するということです。

これを利用しているのは、テレビなどのメディアです。
大衆はネガティヴが大好きなので視聴率を取ることができます。
まさにネガティヴコントロールのプロと言えるでしょう。

例えば、子供の死亡率や戦死者数など様々なことでコントロールされています。

そのほかにも2018年の年末にソフトバンクで大規模な通信障害が起きました。
その結果、ソフトバンクの解約数が5日間で1万件以上もあったそうです。

しかし、これを真に受けずにデータで計算してみました。
日本には約1億7000万回線の携帯電話があります。
そのうち23%がソフトバンクの回線です。
23%は約4000万件です。
そして、毎年2%の解約があるそうです。
その件数、782,000件だそうです。
ここでこの782,000件を365日で割っていきます。
すると1日の解約件数は2142件になります。
ということは、普段から5日間で1万件以上の解約は起きているので、通信障害とは関係がないのです。

この様に定量化して証明していくことで、感情に左右されない考え方になるのです。

タイトルとURLをコピーしました