成功するためのマインドセットについて[mup week5]

アウトプット

【結論】
誰かを幸せにしたいはうわべのやつの言葉

成功するためのマインドセットとして、実はその段階ごとのマインドセットが必要になります。
その理由を解説していきます。

■人々を幸せにしたいは捨てろ。まずはキャッシュを生み出せ

よく起業したい人で社会貢献をしたいや人々を幸せにしたいという人がいますが、それは今の段階では一切考える必要はありません。
なぜなら人を幸せにするにはお金も時間も必要になるので、そもそもそこは考えずにまずはお金を稼げるようになるマインドセットをつけてください。

例えば、ホリエモンさんや元ZOZOの前澤さんも今ではお金を寄付したりロケット事業を行って人々のために活動されていますが、そういった人が最初から人助けをしていたかというと
そうではありません。

前澤さんはレコード販売から始め、ホリエモンさんはHP制作の会社からスタートしました。
そうやってまずはお金を稼いでいき、時間もお金も手に入れてから人助けができるようになるのです。
では、具体的にどのように考えていけばいいのか解説していきます。

■収入の種類を考える

収入には大きく3つの種類があります。

・TIM Time Is Money (時間を使ってお金に変える)
・RIM Result Is Money (結果の対価としてお金になる)
・KIM Knowledge Is Money (知識の対価としてお金になる)

まずはTIMについて説明します。
TIMはTime Is Money (時間を使ってお金に変える)なので、時間を使う職業です。
代表的なのはサラリーマンです。
サラリーマンの場合、22日間働けば月収としてお金がもらえます。
しかし、出張の移動時間や通勤時間など、月収に繋がらない時間もあるので、最も割りに合わない職業と言えます。
逆にアルバイトや弁護士は理にかなっていると思います。
なぜなら、働いた分だけの給与を貰えるので、サラリーマンよりも効率が良いです。

そして、TIMからRIMに変わる時があります。
RIMはResult Is Money (結果の対価としてお金になる)なので、サラリーマンでもインセンティブがある場合や副業をしている時にRIMになります。
そこからフリーランスになることで完全にRIMになります。

RIMの中でもKIMに近いのが、経営者です。
経営者は自分だけではなく周りの人に業務を行ってもらうことで大きな結果を出す事ができます。

そして、最後のKIMはKnowledge Is Money (知識の対価としてお金になる)なので、これまで稼いだお金や知識を使って投資を行う資産家です。

このようにそれぞれの領域によって稼ぎ方が全く異なります。
では、人々を幸せにする、人を助けをするというのができるのはどれでしょう。

答えは経営者と資産家のみです。

まず、TIMのサラリーマンやアルバイトでは絶対にできません。
例えば海外へ行き、人助けをしたら働いてないので収入が入りません。
これでは人助け以前に自分が破滅してしまいます。

RIMのフリーランスも同じです。
結果をお金に変えていたとして、自分が働く事がでいなければ結果がでませんのでお金が入りません。
これもサラリーマンと同じ結果になります。

そして、経営者になり労働時間が少なくなってきてからようやく人助けができるようになります。
経営者は 従業員の方がいるので、自分の時間を確保しやすくなります。

KIMの資産家になったら、お金や知識で稼ぐことができるので、人助けの時間やお金を十分に出す事ができます。

そのために、まずはお金を稼ぐマインドセットが必要です。

■自分の労働単価

ビルゲイツは100ドル札を落としても拾わないという話があります。
これはなぜかというと、100ドル札を拾うのにかかる時間よりも、その時間で稼ぐ金額が大きいからです。
つまり何を意味しているのかというと、自分の労働の対価を知る必要があります。

これをサラリーマンで例えるなら、コンビニなどで一円玉を落としたら拾いますか?
ということと同じです。
これはどのような意味か解説します。

例 サラリーマンの場合

月収   30万
労働日数 22日
勤務時間 9時間

日給   13,636円
時給   1,515円
分給   25円
秒給   0.5円

このように秒給まで計算します。

もし、一円玉を落として拾った場合、一円玉を拾うのに3秒くらいはかかると思います。
その3秒で本来は1.5円稼ぐことができるのですが、1円を拾うことにその時間を使うことで自分の価値を下げています。

例えば、労働や結果の対価に見合わない仕事を引き受けてしまうことで自分の価値を落とすことなどは絶対にしてはいけません。
この1秒1秒の自分の価値をしっかりと理解をして、価値が落ちないように、昨日の自分の価値を上回ることができるような努力をしていかなければなりません。

タイトルとURLをコピーしました