スキルを学ぶためには、スキルを学ぶためのスキルをつけること[mup week6]

アウトプット

【結論】
石の上にも三年いるな。

一般的にスキルをつけるというと、美容師ならカットの技術をつけるとか料理人なら料理の腕前をあげなきゃいけないなど考えると思いますが、実は今の時代にそれは必要ありません。

容師や料理人などどの業界でもそうですが、平均点以上の技術があればそれで十分です。
自分の価値を高めるには平均点から100点を目指すということよりも他の領域の技術をつけた方が価値というのは高まります。

その仕組みを解説していきます。

■希少価値はアドワンスキルで数百倍に

保育士が良い例なので保育士で説明します。

今日本では約120万人が保育士免許を持っています。
これは日本人の100人に1人が保育士免許保有者ということです。

そして保育士業界では保育士不足と言われていながらも働いている保育士は約43万人と言われています。
なぜこのように働く人が少ないかというと、給与が安いからです。
ほとんどの保育士は20万円前後の安月給で働いています。
その理由は保育士に価値がなくなってきているからです。

しかし、インターナショナルスクールの保育士の給与はどうかというと、保育園にもよりますが月収で50万円くらいもらっているそうです。
同じ保育士なのになぜこのように給与に開きがあるのか?
それは、100×100の法則で説明がつきます。

普通の保育士は、保育に必要な技術をひたすら学んでいきます。
しかし、インターナショナルスクールの保育士は英語や中国語を話す事ができます。
外国語という保育以外の領域のスキルを身につけることで、自身の価値を高めることができます。

例えば100人に1人が保育士であれば、仮に英語や中国語を話せる事ができるのも100人に1人だとしたら、100×100で1万人に1人の希少価値のある存在になれるのです。

このようにビジネスの世界では、違う領域のスキルを身につけることによって自分の価値が何倍にも高まっていきます。
スティーブ・ジョブズも元々はエンジニアでしたが、ピクサーでデザインを学ぶことでiPhoneという世界的なヒット作を造ることができました。

■本を読むのは100%非効率。インプットは非生産時間に徹底するべし

本を読むときは両手が塞がって落ち着いている時しかできません。
つまり「本を読む」という時間を作らなければなりません。
しかし、車の運転中や満員電車の中などの非生産時間にアマゾンオーディブルなどを使うことで耳で本を読みます。
非生産時間を生産時間に変えていくことが大切です。

また、ニュースを読むときも1件1件読むのは時間の無駄です。
ニュースピックスなどでタイトルとコメントを読めば大体の内容は理解ができます。
そのようにして時間の効率化を行い、非生産時間を生産時間に変えて自分の価値を高めていきます。

■インプット×アウトプット=インプット

インプットはアウトプットするまでがインプット。

多くの人はインプットして満足しているがそこをアウトプットすることによってようやく脳に定着し、実践をすることで自分のスキルになります。
それを意識して実践していくことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました